So-net無料ブログ作成

茅葺き屋根ミニチュアモデル作成 [古民家]

院生の榎本です。

1月26日に,古民家再生プロジェクトのイベントを行いました。
今回は,緑の村公園の民俗資料館を訪れた人たちに
「茅葺き屋根の断面」を見てもらうためのミニチュア作成です。
普段は簡単には見ることのできない屋根断面を知ってもらうことで,
茅葺き民家に対する関心を持ってもらおうというものです。

まずは,足場を組んで作業の準備です。
去年の12月に刈り取った茅(ススキ)を運び,
使いやすい長さに切り揃えます。


↑今回作業を行うミニチュアモデルは,120cm×180cmの屋根です。

切り揃えた茅を,屋根の端から順番に並べていきます。
このとき,屋根の勾配が一定の角度を保つよう,
茅の並べ方や長さの調整が重要になってきます。


↑まずは屋根の端に茅を並べ,屋根の勾配を決める「軒付け」をします。

今回のイベントは,スタッフも含め作業従事者が6名いたため,
茅を葺く作業をしない参加者は,「とっくり結び」と「男結び」を覚えます。
この結び方を使って,わらなわで茅を押さえて結びます。


↑みんなで「男結び」を練習しています。みんな,覚えたかな?

茅が一列並べられたら,上から竹で茅を押さえつけます。
この時,竹を結ぶわらなわを屋根の裏側に通して表に戻すのですが,
茅の厚みがあるため,手ではわらなわを裏側に通すことができません。
職人さんは,「針」というミシン針のような道具でわらなわを通し,
まるで屋根に茅を縫い付けるような作業を行っているのです。


↑「針」を使って屋根にわらなわを刺しているところです。

屋根裏では,屋根の構造材にしっかりわらなわが密着するよう,
うまく表側に指示を出して針を誘導しなければいけません。
このチームワークがあってこそ,作業が円滑に進むのです。


↑見にくいですが,手の少し左に針の先が出て来ています。

次は,表に戻ってきたわらなわで竹を結び,茅を押さえつけていきます。
ここでようやく,先ほど覚えた「男結び」が活躍するのです。
「とっくり結び」でしっかりと竹を押さえつけ,「男結び」で固定します。
参加者のみんなはしっかり「男結び」を覚えてくれましたが,
強く結ぶには,かなりの練習が必要になってくるそうです。


↑茅が落ちないよう,角度が変わらないようにしっかり押さえます。

次は,先端がぼさぼさの茅を「がぎ」という道具で叩き揃えていきます。
これは,屋根を流れる水がしっかりと下へ下へ落ちていくようにです。
叩きすぎて奥に入った茅は,手で引っ張り出して叩き揃え直します。


↑かなりしっかり叩いてもまだまだ入るくらいです。

そして,叩き揃えた茅の先端を,屋根用の剪定ばさみで刈り揃えます。
普通のはさみと違い,先端が少しだけ上に反り返っています。
屋根の内部を刈ってしまわないよう,屋根の勾配が作れるようにです。


↑職人さんの刈り込み速度は,真似できません。

出来上がったミニチュアモデルは,民俗資料館内部に運んで終了。
非常に寒く過酷な環境でのイベントではありましたが,
終始笑いが絶えず,屋根作りに没頭して楽しんでくれた参加者のみなさま,
丁寧に作業の方法や意味などを教えてくださった職人さん,
このような体験の場を提供してくださった大垣市役所のみなさん,
そしてイベントの様子を見に来てくださった地元の方々,
みなさんの協力あってこそのイベントだったと思います。ありがとうございました!



↑当日は,かまどを使っての炊き出しと餅つきも行いました。

書き込み:榎本


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 3

林直樹

おお、ミニチュアとはおもしろそうですね!
by 林直樹 (2008-02-03 20:07) 

農村計画学研究室

>林さん
 今月には、棟を作る作業を行う予定です。
 上石津を訪れた方々に、屋根の断面を見てもらえるよう
 最後までしっかりと仕上げたいものです。

えのもと
by 農村計画学研究室 (2008-02-04 02:14) 

林直樹

おお、すばらしい!がんばってください!
by 林直樹 (2008-02-07 16:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。