So-net無料ブログ作成

百年公園へ行ってきました。 [古民家]

4年生の藤田です。

9月16日に関市にある岐阜百年公園へ
調査に行ってきました。

百年公園には一軒の茅葺き民家が建っています。
旧徳山村戸入地区から移築された民家です。
徳山ダムの建設に伴って徳山村が水に沈むこととなり,
百年公園の敷地内に岐阜県博物館の屋外施設として
移築されることになったのです。

DSCF2294.jpg
↑“旧徳山村民家”です。

この民家には,徳山村の民家には珍しく
二階に窓がついています。
養蚕のためのものとされていますが,
もともと中部地方には見られない形式で,
徳山村においては新しい形態を
先進的に取り入れた民家といえるようです。

DSCF2318.jpg
↑窓からは岐阜県博物館が見えます。

民家の中には,民家の所有者が使用していた
民具が展示されています。
また,茅葺き民家がまだ多くあった頃の
旧徳山村の写真なども展示されています。

DSCF2309.jpg
↑民具が並んでいます。

DSCF4296.jpg
↑旧徳山村戸入地区の様子です。

この民家は,百年公園が開放されている
月曜日以外は自由に見学することができます。
イベントとして利用されることもあり,
秋に開催される百年公園のオータムフェスタでは,
お茶会の会場に使用されます。
地元の中学生が野点を行います。
また,年に一度“徳山の暮らしを体験しよう”ということで,
民家の所有者の方のお話を聞きながら
地獄うどんを体験するイベントが開かれます。

DSCF2306.jpg
↑この囲炉裏を囲んでどんなお話をするのでしょう・・・

屋根は10年程前に一度葺き替えをしたそうです。
鳥が茅を巣材として持っていってしまったり,
こうもりが屋根に巣を作ったりなど,
屋根の傷むのが速いそうです。
茅は生きものたちにとって住みやすいものなのでしょうか。

今後,茅葺き民家の維持が厳しくなる可能性があるため,
何らかの維持のしくみを考える必要があると
職員さんは仰っていました。
また,茅葺き民家に詳しい職員さんがおらず,
民家の活用になかなか手をかけられないそうです。
一般の方などに民家に詳しい人がいたら,
協力して民家の価値を伝えていけるような活動を
していきたいというお話もありました。

DSCF4312.jpg
↑日当たりのよい素敵な縁側です。

今回の調査では,活用したくても活用できないという
現状を知ることができました。
民家を活用した活動を行うには,
やはり茅葺き民家を愛する人が必要なのです。
茅葺き民家に暮らしたことのある人やよく知った人が,
茅葺き民家で昔話をしてくれたり,
一緒にお茶を飲んで会話するだけでも
民家の価値は伝えられるのではないかと感じました。

そんな妙に飾らない,
自然体の茅葺き民家が残っていったらいいなと思いました。


岐阜県百年公園,岐阜県博物館については
下記のホームページをご覧ください。

◆岐阜県百年公園◆
http://www.hyakunen-kouen.jp/

◆岐阜県博物館◆
http://www.museum.pref.gifu.jp/index.php


書き込み:藤田
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。