So-net無料ブログ作成

本巣民俗資料館へ行ってきました。 [古民家]

4年生の藤田です。
手が凍りそうなくらい寒くなったと思ったら,
少し暖かさが戻ってきたり・・・
変な気候ですね。
もう今年もあと僅か。
年末にばたばたしないように
今から頑張りたいものです。

10月9日に本巣市にある
本巣民俗資料館へ行ってきました。

本巣市役所のお隣にある民俗資料館には
現在は鉄板で覆われていますが,
茅葺き民家が一軒建っています。
この民家は昔の人たちの生活を偲ぶとの思いで
旧徳山村から移築されました。
また,徳山ダム建設の際に
旧徳山村の方たちが本巣市に移住してこられたこともあり,
この民家を心の故郷としてもらえればとの
願いも込められているそうです。

DSCF2698.jpg
↑市役所の方から行くとこんな看板があります。
茅葺き民家が見えますか?

DSCF2674.jpg
↑“旧神足家”です。

この民家の中には,
様々な地域から集められた農機具,民具などが
所狭しと展示されています。
しかし,多くの道具が整理されず,
また民家内に入りきらずに
屋外で雨ざらしになっているものもあるため
何とかしたいというお話がありました。
現在はシルバーの方が整理を行っています。

DSCF2666.jpg
↑たくさんの民具!

また,今までの民家とは違った点が一つあります。
この民家は2,3回へと上がることができます。
上階には養蚕や機織の道具が展示されています。
そして,屋根裏の様子や屋根の構造を
間近に見学することができます。

DSCF2696.jpg
↑屋根裏へようこそ~♪

DSCF2683.jpg
↑縄の結んである様子も見ることができます。

民俗資料館は土・日・祝日が休館日ですが,
民家は週に2~3日だけ開放されています。
晴れている日に風を通すために開放しています。
見学の希望があればいつでも開放してもらえます。

DSCF2654.jpg
↑日当たりの良い縁側です。

また,民家には以前は管理人がおり,
民家を訪れると説明を聞くことができたそうです。
現在は民家の係りの方はいないため,
民家についての説明を聞くことはできません。
しかし,民家内にはたくさんの案内板があるので,
民家について詳しく知ることができます。

DSCF2659.jpg
↑たくさんの案内板がありますよ。

イベントでの活用としては,
市内の小中学生を対象に夏休みの4~5日間を使っての
「寺子屋講座」があります。
琴や習字,中国語などの講座を行っています。
また,地元の文化祭のお茶会,囲碁大会の会場に使われたり,
少しでも多くの人に昔の文化に触れてもらうために
場所を提供しているそうです。

また,地元の中学生が水田に親しむのを目的に
田植え,稲刈り,脱穀を地元の方に教わりながら
昔の道具を使って体験するイベントが行われています。

この民家はイベントでは多く使われていますが,
中池公園の民家と同じように,
あまり地元の人に知られていません。
市役所のそばにあるにも関わらず,なぜでしょうか。

また,せっかくの素敵な民家も
昔の話や民家について語ってくれる人がいなければ
良さが伝わりません。

「みんなが価値をわかってくれないから残せないんだ!」
と叫んでみても,その努力をしていなければ
価値を共有することはできません。
伝えなければわかりません。

茅葺き民家はとっても素敵なものなんだよ,
ここが良いんだよ,
と少しでも多くの人に伝えられるような
民家の保存,活用ができたらなと思います。

最後に,
雰囲気を出すためにはこんな工夫もいいですね。

DSCF2676.jpg
↑電気で囲炉裏に火が灯ります。


今回訪れた本巣民俗資料館についてはこちらをご覧ください。

◆本巣市HP 市の施設案内◆
http://www.city.motosu.lg.jp/outline/391/000392.html


書き込み:藤田
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。